ページランクの下がる要因

2011-11-29 00:43:24

購入したドメインのページランクが下がってしまった場合、たいていは以下のいずれかの原因によるものが多いかと思われます。

・被リンク元がリンクをはずした
・リンク切れが発生している
・外部リンクが多い
・コンテンツの質が下がった
・ページボリューム(内部リンク)がなくなった

このなかで、被リンク元がリンクをはずした場合はどうしようもないですが、それ以外の部分については、自分で対処できるケースが多いですので、サイトの方を修正しておくとよいでしょう。
特に、リンク切れの発生については、けっこう重要な要因となっているケースが多いです。

例えば、下層ページにリンクが集まっている場合、その人気ページのPRが高く、結果としてそのページからリンクされているトップページも高くなるというケースがあるわけですが、その下層にある重要なページを作っておかなかったとしたら、トップのPRも減少してしまうことになるわけです。

また、wwwのあり・なしのどちらでもアクセスできるようにしておかないと、たいていの場合はPRが下がってしまいます。
日本ではwwwなしの方で設定する人も多いですが、海外ではたいていwwwありで設定されるケースが多いです。

なしの方でリンクされているのに、ありの方でサイトを公開していて、なしの方がリンク切れで404が返ってきているとしたら、間違いなくページランクはさがってしまいます。
最低限、wwwあり・なしのどちらでも表示されるようにし、さらに、301でどちらかに統一しておくのがベストな方法といえるでしょう。