関連性 vs 高ページランク

2012-05-26 17:39:27

「関連性はあるみたいだけど、高ページランクからの被リンクがない。」、あるいは「高PRからの被リンクはたくさんあるけどジャンル違いだからいまいち。」、そんな中古ドメインの悩みを持つ方も多いかと思います。

この点、関連性をとるか、高ページランクをとるかで迷ったときには、いちおう両方とっておくことをおすすめします。

このへんは当たりハズレがあると思うんで、どちらがどうのっていうわけにもいかないかと思うんですけど、ページランク5のを使っても、うんともすんともいわないケースもありますし、PR0なのに、関連性のある場合はビビットに反応するケースもあるわけなんで、実際に両方を使ってみるのが一番です。

ただ、予算の都合上どちらか一方を選択しなくてはいけない場合には、まったく関連性はなくとも、高ページランクの中古ドメインを取得するのがぶなんです。

やはり、オーソリティーっていうからには信頼性があるわけなんで、たとえアンカーテキストがめちゃくちゃだったとしても、無条件で信頼しますよっていうふいんきがあるわけです。
キーワード密度だの、アンカーテキストだの、質のわるい被リンクだの、そんな細かいこといいんだよっていう、不思議な安心感のようなものが高ページランクドメインにはあると思うんです。

普通に考えても、オーソリティーサイトを作るのは自作自演では無理ですが、関連性のあるだけのサイトを作るのは自分でいくらでもできちゃうわけなんで、できれば、高ページランクからの被リンクのある中古ドメインを選択するべきといえるでしょう。

感じでいうと、3:7でオーソリティーの勝ちかなって気もしますが、ただ関連性のある中古ドメインもなかなかなんで、このへんは難しいところかもしれませんね。

関連記事:
ドメイン年齢 vs ページランク