中古ドメインを買うということ

2012-06-03 06:34:16

また円高の方向にふれてきているようなんですが、先ほど確認してみますと、今日は1ドル78円といったところでしょうか、国際経済はそういう流れになってきているようです。

わたしも世界経済のゆく末ついては心配してるんですけど、ギリシャとか欧州とか、あっちの方の財政再建とかがけっこう大変みたいで、その先行き不透明感からマーケットでは円が買われてるみたいです。もうちょっとこう、サミットしたりして、何とかやりようがあるとは思うんですけど、いずれにしても円高なんでこれは仕方ないです。

ただ、不幸中の幸いといいますか、中古ドメインの取得ということでいえば、ある意味、チャンス到来といってもよいでしょう。

仮に海外オークションで100ドル入札した場合を考えてみますと、数年前の120円レートでしたら12,000円を払うことになっていたわけですが、78円の現在では7,800円で済むわけなんで、35%もオトクに買うことができます。
さらに円高が進んで、1ドル60円まで進んだ場合、数年前の半額の水準で買えてしまうわけです。

気持ち強めで入札しても、案外たいした金額にはならなかったりもするわけなんで、今までの資金でワンランク上の中古ドメインをねらってもいけるわけです。

ただ、逆に、以前に取得した中古ドメインを海外で売却するには、今はよした方がいいと思います。このあたり、今後も円が下がり続ける可能性もあるわけですので、今のうちに売却してしまうというのも堅実かもしれませんが、その際も、できれば日本で売却することをおすすめします。

この点、一般企業でしたら、活動拠点を海外に移すには工場とか雇用とかいろいろ大変ですけど、中古ドメインに国境はないんで、強いジャパンマネーをつかって海外でどんどん取得してくるのがいいかもしれません。